現在、国内で生産されている、「抓掻本綴」は僅少になっています。服部秀司さんは、今なお、京都市北区の工房で、「抓掻本綴」を製織されています。「抓掻本綴」は、技法上、手織ですので、お客様のご要望に応じて、別誂えを承ることが出来ます。唯、「抓掻本綴」ならではの表現になりますので、頂戴した題材を、どう図案化するのかに、作品の成否はかかっています。制作いたします時は、あらかじめ、題材を図案に描き、お客様とご相談しながら、進めてまいります。「抓掻本綴」ならではの、独自の作品が誕生いたしますので、ご期待ください。価格、納期については、お問い合わせください。


抓掻本綴
本綴帯(鍵盤)