きものの着姿は、着物、帯、襦袢、帯締め、帯揚げ、衿、草履、などの組み合わせから出来上がります。素敵な着姿は、きもののコーディネートによって生まれるのです。どのような素材、技法、色柄で創られたきものを、選び、組み合わせるのか、そのコーディネートの感性こそ、きもののお洒落に欠かせません。
 神戸で創業100年を越える「丸太や」には、「丸太や」ならではの感性があります。海と山との風光に恵まれ、明治の開港以来、欧米文化を摂り込んできた、神戸という街の歴史と風土こそ、「丸太や」の感性を産み育ててきた土壌であり、母胎であります。神戸の呉服屋、「丸太や」ならではの、「丸太や好み」のきものコーディネートをご覧ください。

着物  オフィストリエ 帯 紫紘