はじめに

 「商鑑」と書いて「あきないかがみ」と読みます。「商(あきない)」を「鑑(かんがみる)」、すなわち「過去に照らして商売を考える」という意味で、硬く言うと「商売の歴史的考察」、平たく言うと「どうやったら売れるんや、昔は商売どうやったんや」。さて答えや如何に。

商売とは何か
 「商鑑」とは私の造語です。「あきないかがみ」と読みます。「商(あきない)」とは商売で、「鑑(かがみ)」とは鑑(かんが)みる、すなわち考えることなので、「商鑑」とは商売を考えるという意味です。平安時代から鎌倉時代にかけて「大鏡」「今鏡」「水鏡」「増鏡」という歴史書があります。「鏡」に映して歴史を考えるという趣旨で、私が書こうとする「商鑑」も、商売を歴史的に考える試みです。
 一介の呉服屋である私が、商売を歴史的に考察するという大それた試みをしようとするのは、今商売が事の他厳しいからです。とりわけ商店街、市場がおかれた状況は、シャッター街という言葉が、いみじくもその苦境を表現しています。残念ながら神戸元町商店街も例外ではありません。表面上の活況とは裏腹に衰退への道を辿っているのです。弊店が店舗を構える元町1番街は、阪神淡路大震災後、ほぼ半分の店舗が入れ替わりました。個々の事情はともあれ、商売の不調が大きな原因でしょう。昨年の1月から6月にかけて実施された神戸商工会議所の神戸市内商店街・小売市場等「商業経営実態調査」でも商店街、市場の現状の深刻さが浮き彫りになっています。
 分もわきまえず私が「商鑑」なるものを書こうとするのは、弊店を含め商店街に店舗を構える商店が、現在の苦境を克服し、未来への希望を切り開くには、今何を為さねばならないかを考えようとするからです。そのためには「商売とは何か」を根本から、歴史を遡って探りたいのです。過去を鏡に、現在を振り返り、未来を見通す。「商鑑」を書くことの中から、何かが見つかるかもしれません。


第一話 なぜ売れないのか 第二話 バイバイ
第三話 貝が金? 第四話 商売の始まり
第五話 商店街の誕生 第六話 店売りと外売り
第七話 楽市楽座 第八話 規制は是か非か
第九話 農耕と狩猟 第十話 バナナが消えた日
第十一話 おかげまいり 第十二話 ええじゃないか
第十三話 和をもって尊しとなす 第十四話 名は体を表す
第十五話 ネーミング 第十六話 所変われば品変わる
第十七話 なぜ農家の人たちが「お百姓さん」
       なのでしょう
第十八話 誰の土地かを誰が決めるのか
第十九話 なぜ、そのとき歴史は動くのか 第二十話 親父も昔はコワかった
第二十一話 家族主義的経営 第二十二話 個人主義は実力主義
第二十三話 今年も豊年万作で 第二十四話 日本最古の歴史書
第二十五話 天地創造 第二十六話 わんぱく王子はスサノオノミコト
第二十七話 天変地異 第二十八話 「ヤマタノオロチ」は「大河」だった
第二十九話 水を制するものは国を制す 第三十話 大河は文明の母
第三十一話 日本とは一体どんな国なのか 第三十二話 エネルギー革命
第三十三話 「服部さん」はどうして
         「はっとりさん」と呼ぶのでしょう
第三十四話 モトマチ
第三十五話 誇りと志 第三十六話 士農工商
第三十七話 商売人はなぜ必要なのか 第三十八話 食物が作物
第三十九話 物々交換の始まり 第四十話 元町が「ハイカラ」なのは、
       「ハクライ」を売っていたから?
第四十一話 なぜ灘のお酒は美味しいのか 第四十二話 「おみやげ」は「土産」
第四十三話 呉服屋は呉服販売のプロフェッシ
         ョナル
第四十四話 流通革命
第四十五話 アイデアはタダ(無料) 第四十六話 文は人なり、商いもまた人なり
第四十七話 「街づくり」は「店づくり」から 第四十八話 商売とは何か
第四十九話 世の為、人の為 第五十話 価値実現
第五十一話 昨日より今日が、今日より明日が 第五十二話 価値共創