コメント
着物・羽織 森 康次  
線

  『風』

 着物の文様には、自然現象がモチーフになっているものがたくさんあります。 雲や霞、波などは、古くから文様になっています。これらは目に見えるものですが、中には目に見えぬものを文様にしたものもあります。風は目で見ることができません。 色も形もありません。しかし、風は確かに存在し、肌で感じることができます。 日本刺繍作家の森康次さんは、形なき風に形を与え、目に見える文様にされています。

線