コメント
浴衣  竺仙 
線

  『片身替わり』

 「片身替わり」は着物の左右が異なる色柄、生地でつくられた着物です。安土桃山時代に流行し、陶磁器のデザインにも影響を与えました。一般的なスタイルは左右で模様を分けるものですが、裁ち合わせにより 様々なバリエーションが生まれます。

線