コメント
着物 結城紬  藤貫成一 帯 紫紘
線

  『モリス』

 ウィリアム・モリスは19世紀イギリスの詩人でありデザイナーです。当時イギリスでは産業革命の成果として工場で大量に商品が生産され、労働の喜びや手仕事の良さが失われてしまいました。ウィリアム・モリスはインテリアや書籍に美しいデザインを装飾し、生活と芸術を一致させる創作活動を続けました。ウィリアム・モリスの思想と実践(アーツ・アンド・クラフツ運動)は大きな広がりをもつようになり、ウィリアム・モリスは「モダンデザインの父」の呼ばれるようになりました。 京都西陣の老舗「紫紘」は、ウィリアム・モリスの「生活と芸術の一致」という精神に共感し、ウィリアム・モリスのデザインをモチーフした西陣織の帯を創作されています。

線