元町商店街前のモクレンが咲きました。神戸にも春が訪れています。季節の変わり目は、新しいものに溢れる時期です。色々なものが機械で大量に作れるようになった昨今ですが、そんな時代だからこそ人の手が生み出すものが求められているように感じます。
 この度丸太やでは友禅染作家の木戸源生さん、原田今日子さん、眞鍋沙智さんの三人展を開催いたします。友禅染は、布の上に多彩な模様を自由自在に表現できる技法です。染織の技術はもちろんですが、どんな模様を表現するか、デザイン力が問われます。友禅染作家として制作していくには、他の誰にもないオリジナリティをどこまで表現できるかが大切です。
 友禅染作家の中でも、木戸源生さんほどデザインの引き出しが多彩な方はいらっしゃらないでしょう。新作を発表されるたびに、こんな表現もあったのか、こんなモチーフも着物になると素敵だな、と新鮮な感動を覚えます。今回の作品展でも素敵な新作をご用意くださいました。
 原田今日子さん、眞鍋沙智さんも、個性あふれる作品を制作されています。女性ならではの、繊細でお洒落な表現をされています。友禅染の未来を担う若い発想力を作品の中に感じていただけるでしょう。
 創る人が違えば、作品の持ち味も変わります。三者三様の個性豊かな世界をぜひ弊店でご覧ください。木戸源生さん、原田今日子さんは三月二十一日(木)と二十三日(土)の二日間、弊店にお越しくださいます。眞鍋沙智さんは二十三日(土)にお越しくださいます。お客様のご希望をお伺いしながら作品を作る別誂えも承ります。お気軽にお問合せください。

木戸源生 作
友禅染名古屋帯「出帆」
帆船の帆を見上げるかたちで描いたダイナミックな作品

木戸源生 作
友禅染名古屋帯「踊り子」
欧州の人々の楽しげな様子が生き生きと描かれた作品


付下げ小紋「雀」

名古屋帯「睡蓮」

名古屋帯「踊り子」

名古屋帯「ペンギン」


訪問着「白日夢」
京都工芸ビエンナーレ受賞作

袋帯「桜に流水」

名刺入れ「薔薇」

紗コート地「しけ引き」


訪問着「花鳥風月」

名古屋帯「小野小町」

名古屋帯「アジサイ」

名古屋帯「百合」