三月二十五日(土)・二十六日(日)
木戸源生さんが丸太やにお越しくださいます

 いまだに真冬のような寒い日が戻ってくるような落ち着きのない三月ですが、ここ最近は時折春らしい陽気も感じられるようになりました。いよいよ今年も春がやってきているのを肌で感じられます。春の花もそこかしこで咲き始め、桜も少しずつ蕾が大きくなっています。春の彩りが街に増えて、気持ちも明るくなるようです。
 この度弊店では本友禅染作家・木戸源生さんの作品展を開催いたします。四季折々の風物を繊細なタッチで表現される木戸源生さん。この度の個展に向けて、春らしい新作をご用意くださいました。活き活きと描かれた作品をぜひお手に取ってご覧ください。
 木戸源生さんの作品展と併せて、木戸源生さんの元で学ぶ若手女流作家の方々の作品展を開催いたします。瑞々しい感性が、確かな技術によって布面に表現された逸品を取りそろえます。これからの友禅染を担う若き新星の手仕事をぜひご覧ください。

付下げ「シクラメン」 付下げ「藤豆」 付下げ「芽」


染帯「レンゲソウ」 染帯「更紗」 染帯「鶏」

1983年宮崎県生まれ。
8年間の手描友禅修行の傍ら、着物の販売等に携わりつつ、京都市産業技術研究所にて手描き友禅工程の技術を習得する。
着物メーカーでの企画、デザインの仕事を経て2015年に手描友禅職人として独立。
1984年愛知県生まれ。
友禅の色彩と図案の芸術性に魅かれ、2007年立命館大学文学部史学科日本史学専攻卒業後、友禅作家で日本工芸会正会員の吉田喜八郎に師事し手描友禅を学ぶ。
ファッションとビジュアルアートの融合を志し、観る・着る・飾るという機能を備えた作品作りを行う。     3月25日(土)来店予定
1986年東京都生まれ。
2011年に東京藝術大学工芸科を卒業後、京都市伝統産業技術者研修・手描友禅染基礎コース及びプロコースを修了。手描き友禅組合賞を受賞。2015年にインテリアライフスタイル事業参加。
2016年に独立開業し、挿友禅の仕事をしながら作家活動を行っている。
3月26日(日)来店予定

▲ページtopへ