私が丸太やに入社して三年半ほどたちました。着物を自分で着るようになったのも入社してからですので、私の着物生活も三年半ほどです。「丸太やの若旦那」「丸太やの丁稚」などと呼ばれつつ、日々の生活の中で少しずつ着物の着方を覚えてまいりました。近頃、体重の増加(!)もあってか、「着物が似合うようになってきた」「貫禄が出てきた」とお声を掛けていただけるようになりました。ひとりで着物が着られるようになるまでには、それほど時間はかかりませんでした。男の着物の着方はいたってシンプルです。着慣れるコツは、自分の身体に心地よいように着ることを心がけることです。
 この度の催しは『男の着物 本格派』と題をつけさせていただきました。今年の夏は男性の浴衣姿をよくお見かけしました。男性にとっても、着物が別世界のものでなく、少しずつ身近な存在になりつつあると感じます。そこで、男性の入門着物から一歩進んで、より上質な着物生活を楽しんでいただきたく、男の本格着物をご用意いたします。
 女性の美しい着物姿をうらやましく思っておられた男性の皆様、男の着物姿も負けません!
これからはぜひ男女ペアで着物をお楽しみいただきたいと思います。


正絹のアンサンブル地

袴生地

角帯

セットの一例
他にも、丹前生地や襦袢地なども取り揃えました。今年のお正月は、着物で初詣はいかがでしょうか?

■久留米 儀右ヱ門 あったか綿入袢纏

※下の画像をクリックしていただくと大きな画像がご覧になれます。
■毎回好評を頂いております
  菱屋カレンブロッソの草履