森康次

 唯、糸だけが、すべて。すべての想いを、糸に託す。糸に託された想いが、線を描き、花になる、風になる。糸は、すべての想いを語る。だからこそ、自由に表現できることを自制する、抑制の美学にこそ、美は自ずから生まれる。

昭和21年1月5日 京都市中京区に生まれる
昭和36年 家業である「ぬい屋」と呼ばれる刺繍業に従事
昭和41年 和装デザイナー 松尾馨氏に師事
昭和49年 日本画家 桑野むつ子氏に師事し写生と水彩画を習う
昭和50年 京都市伝統工芸技術コンクールに出品
以後、様々な公募展に出品し、受賞
平成元年 日本伝統工芸会の正会員の認定を受ける
現在 社団法人 日本工芸会正会員
アトリエ森繍 主幹

京都市展
京都府工美展
日本伝統工芸近畿展
日本伝統工芸染織展
日本伝統工芸展
横浜のシルク博物館の染織作品展
京都工芸ビエンナーレ
国際テキスタイルコンペティション


名古屋帯「白鳥」


2009年11月 想いの糸 日本刺繍 森康次
2011年03月 糸の息吹 森康次 刺繍展
2014年03月 日本刺繍 森康次 個展
2017年11月 森 康次 日本刺繍作品展