伊藤岱玲

 白磁の透明感、しかしロクロを挽いてこそのぬくもり、呉須ならではの清涼な絵付け、技術と感性が合いまった伊藤岱玲さんの白磁の世界は、伝統の正しい継承によってのみ開かれるのです。

1970年 大阪市出身
1992年 京都市立芸術大学美術学部工芸科陶磁器専攻卒業
1992年より1998年まで6年間、佐賀県有田町にて
日本伝統工芸会正会員 倉島岱山に師事
1999年 兵庫県篠山市にて独立開窯
1999年 第4回ラ・ミア・ストラダ展で最優秀賞
2000年 初個展
以降年に2〜3回個展開催
2002年 伊丹国際クラフト展入選
2006年 京都市立芸術大学非常勤講師としてロクロを指導する





深鉢 深皿 丸皿 ダエントレー
箸置き 麦猪口 高台付杯


2005年8月  技を継ぐ 伊藤岱玲 作陶展
2011年7月  高城窯 伊藤岱玲 白磁展 真直ぐに白
2012年7月  暮らしの器 伊藤岱玲・由起 夫婦展
2013年7月  伊藤岱玲(たいれい)・花青(はなお)作陶展
2015年8月  伊藤岱玲・花青 作陶展
2016年7月  伊藤岱玲・花青 作陶展 青と白のうつわ
2017年7月  伊藤岱玲・花青 作陶展