あいさつ

表紙コメント
  帯 紫紘
表紙説明
 西陣織は、京都の先染め織物の総称です。 5世紀ごろ朝鮮の渡来人よりもたらされた織技術が基になり、京都に遷都されると職人も京都に集められ、高度な絹織物が作られるようになりました。京都は応仁の乱により荒廃しますが、その後西軍の陣地があったあたりに織物職人が集まって復興し、西陣織と呼ばれるようになりました。中国の先進技術を導入するなどして発展し、明治にはフランスよりジャカード織機を導入することで多彩な色模様の織物を量産できるようになり、現在に至ります。


丸太や着付け教室 きもの相談室 ホームページご案内 たより

新着情報
新着情報 2月12日
オンラインショップ
別誂え「丸太や工房」
■このホームページならびに掲載商品の著作権等について■
本ホームページ(http://marutaya.com より始まる 全てのアドレス)に掲載の「記述」「肖像(写真・映像)・ロゴ・イラスト・商品デザイン」 等は全て、許可なく転載・複製を禁じます。
Copyright(c) 1997 MARUTAYA CO.,LTD. All rights reserved.