あいさつ

表紙コメント
着物 室町の加納  
表紙説明
 昭和50年に能登で生まれた紬織物で、「士乎路」とは能登の古い呼称です。高分子工学専門家の水島繁三郎氏が「日本で最も着心地の良い織物を作りたい」との思いで生み出したもので、手引き真綿糸を用いるなど素材にも織にもこだわりぬいた着心地重視の着物です。


丸太や着付け教室 きもの相談室 ホームページご案内 たより

新着情報
新着情報 12月1日
オンラインショップ
別誂え「丸太や工房」
■このホームページならびに掲載商品の著作権等について■
本ホームページ(http://marutaya.com より始まる 全てのアドレス)に掲載の「記述」「肖像(写真・映像)・ロゴ・イラスト・商品デザイン」 等は全て、許可なく転載・複製を禁じます。
Copyright(c) 1997 MARUTAYA CO.,LTD. All rights reserved.