あいさつ

表紙コメント
表紙説明
 一般的な単衣の着物は、裏地を付ければ袷としても着ることができるものが主流です。 しかし近年の温暖化などにより、より涼しい単衣の着物が求められるようになりました。 そうした中で生まれたのが「夏ひとえ」です。 特徴は、単衣・袷両用ではなく、単衣専用または単衣から夏にかけて着るように作られていること。 そのため、生地は薄手で、かつ夏物ほど透けないようになっています。 樋口隆司さん考案の「湯揉み絹縮」は夏ひとえ用として生まれた絹織物です。 夏の着物である小千谷縮の製法を絹に応用し、サラリとして軽い着心地を実現してい ます。


丸太や着付け教室 きもの相談室 ホームページご案内 たより

新着情報
新着情報 8月9日
オンラインショップ
別誂え「丸太や工房」
■このホームページならびに掲載商品の著作権等について■
本ホームページ(http://marutaya.com より始まる 全てのアドレス)に掲載の「記述」「肖像(写真・映像)・ロゴ・イラスト・商品デザイン」 等は全て、許可なく転載・複製を禁じます。
Copyright(c) 1997 MARUTAYA CO.,LTD. All rights reserved.