あいさつ

表紙コメント
着物 湯揉み絹縮 樋口隆司  帯 ろうけつ染 長田けい子
表紙説明
 湯揉み絹縮は樋口隆司さんが考案した『夏ひとえ』の絹織物です。 夏の麻織物である小千谷縮の製法を絹織物に応用したもので、ぬるま湯で揉んで仕上げることで生まれる適度なシャリ感が特徴です。 羽衣のような軽さ、程よいハリとシャリ感、着姿の美しさで、初夏から初秋にかけて長いシーズンに着ることができるよう工夫されています。


丸太や着付け教室 きもの相談室 ホームページご案内 たより

新着情報
新着情報 6月21日
オンラインショップ
別誂え「丸太や工房」
■このホームページならびに掲載商品の著作権等について■
本ホームページ(http://marutaya.com より始まる 全てのアドレス)に掲載の「記述」「肖像(写真・映像)・ロゴ・イラスト・商品デザイン」 等は全て、許可なく転載・複製を禁じます。
Copyright(c) 1997 MARUTAYA CO.,LTD. All rights reserved.